資格を取る方法

付箋のついた本とノート

土地家屋調査士試験に取り組むには専門学校へ通って講座内容を学習したり、定期的に模擬試験を受けたりする方法が取られます。 あるいは土地家屋調査士の資格を得る通信教育でテキストや参考書を購入して、あるいはDVDや動画の媒体を使って空いた時間を利用して学習するという方法も取られています。こういう方法は以前は見られないもので、これもパソコンやインターネットの発達ゆえに可能となったものです。 独学で土地家屋調査士の受験に向けて学習を行うという方法があります。法律問題は法改正が行われることも多く、何年にどう変わったかを把握しておく必要があり、それには専門の月刊誌などで情報を仕入れておく必要があります。 作図についてはタイムを計って短時間で課題をこなせるように訓練することが重要です。択一問題では分かった内容とあやふやな内容、まだ理解できていない内容に分けてこれを分かったものにしておくことが大切となります。

これらのことを扱っている業者には建築士や宅地建物取引主任、測量士、測量士補、土木施工管理技士や建築施工管理技士、造園施工管理技士など不動産と建築に特化した資格を扱う専門学校があります。 元々は建築関係の雑誌や図書を出版していた会社でその後コンピュータソフトの開発を行って見積もりシステムや建築CADなどのソフトウェアも開発した経歴を持っています。 土地家屋調査士は法律関係の資格ということで、司法試験や司法書士、公務員試験や行政書士、社会保険労務士などの資格と共にこれをを目指す人向けの通学形態で受講ができる講座内容をもつ専門学校があります。DVDやカセット、ビデオなどを使った通信教育をも行うとともに書籍や問題集の出版も行っている会社でもあります。