日本にある資格

ジョブボード

日本にはたくさんの資格がありますが、その中でも幅広い年代から人気がある資格の一つに「司法書士」があります。司法書士とは、主に土地や建物、法人などの登記をすることを業務内容とする資格のことです。その資格試験の合格率はかなり低いですが、一生懸命勉強して取得すれば一生働くことができるということで長年にわたりかなりの人気を誇っています。 この資格を取得するための勉強法はいくつかあります。独学、予備校、通信講座など様々な方法が挙げられますが、一番利用者が多いのは予備校に通って勉強をする方法です。しかし、実際の合格者の中には独学で勉強をして合格した人もいるため、予備校だけが合格への道筋ということではありません。

予備校に通って司法書士の勉強をしようとすると、カリキュラムがあって勉強の流れは掴みやすいですがお金がかかってしまいます。テキスト代だけでなく模試の受験料や予備校へ通うための交通費もかかります。そのため、出費が高くても大丈夫であれば予備校を選択するのはとても良いということになるのです。 一方で、司法書士を独学で勉強する際には、予備校での勉強に比べるとかなり安く済ませることができます。独学の場合は、テキスト代があれば他は特に何も必要ありません。自宅で自分の空いた時間を使いながら勉強をすることができるので、あまり予備校に通う時間がない人や何十万というお金を払うことが難しいという人には特に向いている勉強法です。