ネットで楽々勉強

テーブルで談笑する女子生徒

司法書士試験は、毎年7月の第一日曜日に開催される国家資格です。この試験に合格して登録をすることで、司法書士として働くことができるようになります。司法書士試験の受験者は毎年かなり多く、全国各地に設置された会場で多くの受験生が日頃の勉強の成果を出そうと頑張っています。 司法書士試験に向けての勉強に関しては、様々なサービスや商品が登場しています。販売されているテキストを使ったり予備校を使うという方法は、昔から多くの人が利用してきました。最近では、インターネットが普及しているということで、インターネット上で動画を見ながら勉強ができるシステムも多く利用されるようになってきました。自由に勉強法を選べるので、自分に合った物を見つけやすくなっています。

司法書士試験に合格した後は、全国の司法書士事務所で働いて下積みをするという流れになります。登録してから働くという面や、法律に関する資格であると言ったところから、弁護士と非常に似通った資格であるということが分かります。実際に、法律が改正されたことで司法書士は一定の条件が揃えば訴訟も起こすことができるようになりました。 弁護士は司法書士とは違って登記をすることができません。しかし、それ以外の相続に関する相談に乗ることなどは、司法書士も同じように業務をすることができるのです。そのため、肩書や費用の面での違い以外は、業務に関しては同じようにできる部分が増えてきており、あまり際はなくなってきていると言えます。